2020年05月

今朝になり
猛反省した。



だからすぐ彼にごめんねのLINEをする。


『昨日はごめんなさい。
彼君が寂しいって言ってるのに
【あなたも同じことしてるでしょ??】じゃ、何の解決にもならないね。

彼君が寂しいと言ってるのだから
私はあの時あなたの気持ちに寄り添うべきでした。

思い切って心の内を話したのに、私にあんなことを言われたら、とても悲しかったでしょう。


昨日の私は酷かったね。本当にごめんなさい。次から気をつけるね。』



と、送ってみた。

朝早かったから、返信は期待してなかったのだけど。
すぐにスタンプがひとつだけ返ってきた。



なんとも、気持ちを汲み取りにくいスタンプw
でもクスッと笑えるスタンプだった。

なんとなくお互いほんわかした雰囲気になったのは感じ取れた。






あなたがこうだから、私もこうするのよ!

ではいけないよね。


それではなんの解決にもならない。
相手も辛いまま。
きちんと相手の気持ちを考えて寄り添わないと。



旦那との結婚生活で失敗したこと、そこから学んだこと。


ちゃんと活かさなきゃ。







彼は、娘さんといると
平気でLINEを放置する。

私が仕事で彼が休みの日なんて
既読のまま6時間放置されてたこともある。
娘さんが寝たりYouTube見てて、
自分が暇になったら、私にLINEしてくる感じ。


これは離婚する前も後も変わらない。
離婚する前に何度かこれで喧嘩になった。


でもいつも、

嫁が相手しないから俺にべったりなんだよ!
俺まで娘を放置したら、娘がかわいそうだろ???

の、一言で片付けられて終わりだった。
私の寂しい気持ちや苦しい気持ちは常に無視された。



だから私も、
ネットで漫画を読んだり
ゲームしたり
子供達と遊んだり

彼が返信をくれなくてもいいや!
落ち込んでばかりいないで、自分がワクワクして楽しめる時間をたくさん作ろう!って頑張った。


そしてたくさん夢中になれるものを見つけた。




昨日の夜、
彼からLINE通知が来た時・・
私はゲームクリアの一歩手前まで来ていて
手が離せなかったww

なかなかクリアできなくて、同じステージを何度も何度も繰り返して、やっとここまできた!ってところ。


彼のLINE通知を上にスライドさせて消そうとした瞬間、間違って通知を押してしまって、LINE返信画面にとんでしまった。


!!しまった。既読にしちゃった。
でももうすぐゲームクリア。あと2、3分したらすぐ返信しよう!


そう思って慌ててゲーム画面に戻る。

その時のいい感じを保ち続けたかったのと、集中力を切らせたくなかったからww(くだらない理由だけどw)


そしたら


無視なの???
最近あまり相手にしてくれなくなったよね。
俺、寂しいんだけど。
何してるの?
既読無視しないでよ。


と、
LINEの嵐。




『・・私、今日お昼くらいから、あなたに5時間既読無視されてましたけど???』



咄嗟にイラッとしてしまった。



ゲームは諦めて、返信画面に戻り


『今ゲームしてる。
でも、あなたも平気で何時間も既読無視するでしょ??』



って送信してしまった。



そしたら彼は、


うん。それはそうだ。
それを言われたら俺はもうこれ以上何も言えないな。



ってシュンとしてしまった。



普段の私なら絶対言わないことだけど、



昨日は頭にきて、つい・・言ってしまった。

辛く苦しい仕事内容にもだいぶ慣れてきた。
ある程度は覚えてきたから
もうすぐ、今の仕事内容から離れることになりそう。


厳しい上司の元、
時間も自分自身にも余裕のない日々。


毎日くたくたになって帰るから
ブログを書く余裕もなく

コロナのせいで大好きな彼にも会えず
思うようにストレス発散もできずに、
窮屈退屈な思いをしつつ


弱音を吐かず唇を噛み締めて頑張ってきた。




やっと・・ホッと一息つけた。




そうした時に

少し前に・・可愛いと思って買おうか悩んでいた
あるブランドの長財布の存在を思い出した。



何十万もするような高級ブランドではないけど。
数万円はする、プチ贅沢ブランドの物。

多分、アウトレットとかに行けば、リーズナブルなお値段で手に入るのだろうけど。
どうしても正規取扱店で買いたくて我慢してた。



普段は買ったことのないブランドだけど、このお財布だけはどういう訳か、見た瞬間に

欲しい!

と強く思った。







それを頑張ってきた自分へのご褒美に、買っちゃおうかと思ってる。




自分自身を甘やかすこともたまには必要だよね!

なんてお財布を買う理由づけにしたりして。



うん、やっぱり今度のお給料で、買っちゃおう。






この数ヶ月頑張ったから、ね。










妹が転勤した後のことを考えていた。

彼は、運転できない妹のために、何かあれば車を出してくれるという。



私が子供を連れて遊びに行ったら
当然妹達と私達で遊ぶことになると思うけど・・足がないから、

そこに彼と彼の子が来る可能性も高い。


私が1人で遊びに行ったら、
きっと彼の家に泊まることになるだろう。
前からお前の手料理を食べてみたいって言われてることもあり、


ホテル代もバカらしいし、
うちに泊まれば?って言うはず。



いずれにせよ、彼の子に会える日はそう遠くない気がする。


そして彼も。
私の子供達に会う日が、そんなに待たずとも、やってくる気がする。





私達にとって最大の問題。
お互いの子供といつ会うのか、子供達をいつ会わせるのか。

私の予想では
離婚した後になるだろうと思っていたけど。



妹が架け橋となってくれて、

近いうちにその問題は解決するかもしれないな。










彼に離婚の話を報告できないでいた日の夜

いつも通りLINEのラリーをしていたら、急に



そういえば、離婚話どうなった?

って、彼に聞かれた。



勘がいい人だなぁ・・



嘘はつけないし、
ついたところで意味がない。


そう思って、旦那と話し合った結果と
何故2年後に決めたのか、離婚時期の理由を説明して、彼の返事を待った。






あと2年もあるの??俺そんなに待てないわ。

って言われたら、どうしよう???すがりついてでも止めるべきだろうか?
いやでも、彼には彼の人生がある。
私の身勝手な理由で、彼を引き止める事は許されない。


なんて

彼の返事が来るまでの間・・頭の中で、最悪の事態が起こった時に、自分がどういう行動に出るべきか、ということを必死に考えていた。




『2年かぁ。
じゃあその間は、ゆっくり愛でも育みますか』

彼からの返信。
その言葉に、心が震えた。



皮肉も嫌味も言わず、
ただ信じて受け入れてくれた。




本当はもっと早くに離婚したくて
話し合いの時に頑張ったけれど、結局は相手のあること。

思うようにうまくいかなくて、すぐに離婚とはならなかった。



でもその内容は、ただの言い訳のような気がして。彼には話していなかった。
しかし彼は、私のそういう背景もなんとなく汲み取ってくれたのだろうなと感じた。



彼は何事も忍耐強く待つ。
それは今までのお付き合いの中で、分かってること。


だからこそ、うまく行くのかもしれない。
彼を尊敬してる。






↑このページのトップヘ