カテゴリ: 独り言

ここのところ、彼に向けてるパワーが足りない。

あれだけ再婚!って意気込んでて
あれだけ彼彼彼って、彼中心の生活してたけど。最近は、それもなくなってきた。


冷めてきたの?別れるのか?
と言われると、それも違う。
別に、別れたいわけじゃない。


では、彼との再婚を目指さず、旦那と暮らし続けるのか?
と問われたら、それも嫌だ。






今はなんていうか。
子供と3人の生活を想像してる自分がいる。


私1人で育てることは、とても大変だとは思うけど。でも、それが一番いいのかなーって思い始めている自分がいる。


子供達に無理させなくていいし。
彼側も、私が子供を連れてくるなら云々考えなくてもいい。




今はただ、
今後、目指すものがなくなった感じ。


気持ち的には貯金もなんとなく、ダラダラしてる感じになった。




気持ちが落ちてる。




背中、肩に少し痛みがある。


強い痛みではないけど
シクシク痛むような感じ。
年だなぁって感じることが多い。





実は気になっていることがある。


私は子宮や子宮頸癌の検査を全く受けていない。今回胸に腫瘍があったから、そちらも結構不安。



検査を受けてても、罹る人は罹ってしまうし、してなくてもずっと元気な人もいるけど。



なるべく早く見つけることに意味があると思うから。



胸の方が落ち着いたら、そちらも検査に行かなきゃなって思う。




女性は男性より検査しなきゃいけないところが多いから大変だけど。



元気で過ごすために検査は必要かなと思う。
検査に行くことって大事だなぁ。


これからは半年に一度くらいは、検査に行くことに決めた。







今日は朝から病院へ行ってきた。

結果から話すと、
私の胸のしこりは




腫瘍でした。
1センチくらいの大きさ。






先生がまず触診をしたのだけど、
触ってすぐに

あ、うん。
ここにあるね。

と。


続けて、

これは悪いものではないよ。
良性だね。


と言う。



なーんだ、びっくりした。良性かぁ

と安心してエコー検査へ。
だけど、エコーを見て先生の顔色が変わった。


来週、マンモの予約を取ろうね。


私にそう言った。


前回受付の人に聞いた話だと、来月までマンモの予約は取れないと聞いていたのに。


来週??
こんなに早く?
と、私は驚く。




エコーの結果を見せられながら説明を聞くと、


良性の腫瘍は、エコー検査で真っ黒く写るらしい。でも、わたしのそのしこりは、色が違うと。見てみると確かに灰色っぽい。


なので、検査をさせてくださいと。


マンモと、胸のしこりに針を刺して細胞を取る検査。



その日に、悪性か良性かがわかるらしい。




今の気持ちは、、
まぁ、悪性だったら仕方ない。
治療をコツコツ続けるだけ。


そんな感じ。


どうしようとか
その日になるのが怖い

とか、そんな怯えた気持ちはない。





ただ、

何かあったら子供が心配だな

とは、思う。



なんだかすっきりしない週末を過ごすことになりそう。



この先も、包み隠さず書いていきます。
来週の検査結果ももちろん。


このことによって、彼とわたしの関係がまた変わるかもしれない。例え別れることになっても、全て書いていきます。


気になる方は、引き続き読んでくだされば幸いです。


















今日は胸のしこりの検査。
そして、その結果が何もなければその後で旦那に離婚届を渡す。


離婚届なんて渡してる場合じゃなくて先に彼とのことちゃんとしなくちゃって、一昨日は焦って思ってたけど。



彼に、

俺と別れる別れないで、旦那に離婚届渡すのを止めたり躊躇うようなら、本気で怒るぞ。

と、言われた。



彼はなんでもお見通し。

俺とのことでいちいちうろたえるな、と。
旦那との間でやると決めてることは、ちゃんとやり遂げなさいと言われてしまった。




子供がいたり、インフルにかかったり、先月はいろいろあって渡すチャンスがなかったけど。今日は旦那が休み。私も休み。
子供たちは学校。


旦那と私が同時に休みで子供がいないなんて、1年ぶりくらいかな???とにかくこんな日は滅多にない。チャンスはなかなかないから。



彼にそう言われたことと、今日という日。今日離婚届を渡しなさいと、そういうことなんだろうなと思う。




今日はブログに書く事が増えそう。




息子が

『俺、お母さんの元に生まれてきて本当によかった!こんな優しいお母さん周りにはいない。いつも友達にも羨ましがられてる。本当にいつも優しくしてくれてありがとう!』


って言ってくれる。


娘も

『お母さんが私のお母さんでよかった!優しいし、美人だし、お料理美味しいし!私お母さんだーいすき!❤︎お母さんが産んでくれてよかった!』



そう言ってくれる。




そんな時私はいつも、

そう言ってくれてありがとう。お母さんの方こそ、あなた達が子供でよかったよ。生まれてきてくれてありがとう。お母さんも、大好きよ。


って、子供達を抱きしめながら答える。



 


不倫してても、子供には愛情をかけてきた。冷くしたり、育児をしない なんてことは、絶対にしなかった。




子供達の笑顔を見ると、不倫してることに対してまだ胸が痛む。子供はとても大切。
だけど、彼と一緒になりたいという気持ちはもう消せない。


それだけ彼の存在も、私の中で大きくなっているから・・。




子供の笑顔を見るたびに、
ちゃんと胸を張って堂々としていられる母親にならなければ、と思う。











↑このページのトップヘ